座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋

雑記
スポンサーリンク

【座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋】

 

ちょっと気になるタイトルの本を購入しました。

その名も【座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋】

スポンサーリンク

【座敷わらしさん】

何をやっても上手くいかず、現状を嘆きながらも打破しようと、セミナーに参加したり色々な事をやってみる主人公。。なのに、全てから回りで、良くない結果に…。

自分の家も足の踏み場もないくらいに汚く、どうしたらイイのか分からずにいた所、セミナーで知り合った友達数名がお手伝いに来てくれるも、その家のただならぬ空気に気分を悪くし、退散(その後数日、全員が床に伏す💦)。

その時の友人が、家に入る際、「この家、ホントにヤバいかも…。悪いけど、ちょっと結界はらせてもらうね!」と張っていった結界のお陰?で、たまたま家の中に入り込んでしまっていた座敷わらしさんが、外にも出られず堪りかねて、『早くこの家から外に出してっ!』と、主人公の前に姿を現す…。

…という所から本編が始まる。。

【座敷わらし】が目に見える形で登場する…って時点で、普通の【部屋掃除・自己啓発の指南書】と違うな…という雰囲気なのですが、散々それ系の本を読んできてビビっと来なかったので、この【座敷わらし】さんという存在が、とても興味をそそりました。(笑)

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋 | 伊藤 勇司 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで伊藤 勇司の座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋。アマゾンならポイント還元本が多数。伊藤 勇司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

【貧乏神さん】

実はこの主人公の家には、すでに【貧乏神さん】がお住まいになられています。

主人公の家はモノで散乱していて床が見えない、玄関も靴が散乱しカビ臭い💦、窓も薄汚れていて光も遮られ空気の入れ替えもしない。仕事も『オシャレにみえるから』という理由でアパレル店員になったモノの、そりが合わない上司でグッタリ疲れて帰宅して、文句タラタラ…。

…いやー、そんな状況ならそりゃ【貧乏神さん】が住んでるわな💦…と思って本を読み進め、「…はっ!Σ(゚Д゚) ウチやないか…。」と、我に返るわけです。(私が(笑))

おべや

薄っすらとモザイク処理しておきましたが、気が付けばこの惨状…。💦

でも本人は、『散らかってる』と、あまり思って無かった訳です。😓

客観的に写真を撮って見てみたら、『あれ?もしかして散らかって…る!?』と。(笑)

本書の中で、貧乏神さんは押入れの中に生息しています。

普段手を付ける事も無く、開かずの扉となった押入れの中…。

≪貧乏神が取りつく部屋の3つの特徴≫

➀視覚的に不幸を感じやすい
②嗅覚的に不幸を感じやすい
③人とのかかわりが薄くなる環境

≪視覚≫

『この状況は、どう考えても不幸な間隔しかしないよね💦』という部屋の場合、幸せを感じられる状況に切り替えていけばイイ!そうやって不幸なイメージを幸せなイメージに変えていくことを大切に🎵

≪嗅覚≫

人間は不快に感じる匂いがあると、そこから瞬間的に悪いイメージを連想し、逆に良い匂いを感じると、良いイメージの発想しか浮かばない。
『いい香りがするのに、部屋が荒れている。これはオカシイ。』となると、脳は目の前に矛盾が現れた時、より良い方向へ修復しようとするため、自然に【イイ匂いに相応しい環境】にしたくなる。

≪人との関り≫

人は自分の殻に閉じこもると、ネガティブ思考になり、その状況が続くと人生や生きること、他者との関係性において否定的な観念が強くなっていく。
収拾がつかないくらいモノにあふれた部屋…というのも、1つ1つのモノに対してかかわりが薄い状況となり、『持っているけど、ちゃんと活かせいてない。』、『買ったけど、押し入れに入れっぱなし。』。物とのかかわりを意識し、部屋にある物を見直す。

おべやリセット計画始動!

よく、「ジャンクフードばっかり食べてるのって、自分の体を大切にしてないことになるんだよ?だからちゃんとした食事を取りな!」って叱られますが、散らかった部屋にいても平気🎵…も、それに近いと思います。😓

◆人間関係が上手くいかない💦
◆仕事が上手くいかない💦
◆食べる事にも興味が無い💦
◆とにかく寝られない💦
◆“彼氏いない歴20年”になる💦
◆一生独身でも全然平気💕
◆なるべく他人と関わりたくない💦

…これ、普段私が思っている事です。(笑)

もしもこのネガティブな生き方が、ガラっと部屋をリセットする事で生きやすい人生になったらすごくないですか??(*´▽`*)

皆さんの家の中にも、考えただけで気分が重くなる場所、無いですか?

私はクローゼットがほぼ開かずの扉になっていて、『そこに手を付けようとすると、とたんに気が重くなる…。』場所のひとつです。

もしかしたらそこに、貧乏神さんが住んでいるかもしれません。(笑)

普段着もしない、使用しないモノに囲まれ、それに固定資産税がかかってる…って、超無駄だと再認識したので、終活も兼ねて、長期シリーズで【おべやリセット計画】を開始しようと思います。( • ̀ω•́ )b ✧ww

乞うご期待!٩(ˊᗜˋ*)و

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋 | 伊藤 勇司 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで伊藤 勇司の座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋。アマゾンならポイント還元本が多数。伊藤 勇司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ ランキング参加中💕クリックして頂けたら、励みになります♪

コメント